婦人

通信講座でマイペースに学ぶ|賢い勉強法を実践しよう

就職、転職、待遇で有利に

施術

社会福祉士の仕事は、高齢者や障害を持つ方、子どもなど、社会的弱者をサポートする仕事です。具体的なサポート内容は、困っていることや要望、願いを聞き出すことからスタートします。そして、本人だけでなく、家族や周辺環境を把握し、解決策を共に考えます。さらには、その問題を解決するために行政機関や医療機関、介護機関などと連携をとることとなります。新潟県では、65歳以上の人口は、全体の30%に到達しています。このため、県内の社会福祉士の役割は、高齢者向けにシフトしている現状があります。新潟県内では、社会福祉士が有利になれる生活相談員の求人は、近年非常に多くなっています。給与面でも資格手当が付くなど、メリットがあります。このように、社会福祉士の資格を取れば、就職や転職、待遇面で有利になること知っておきましょう。

社会福祉士の資格を取るためには、4年制大学などで、専門のカリキュラムを学ぶことが原則となります。新潟県内には、専門のカリキュラムを持つ大学が5校あります。高校生の段階から、社会福祉士を目指すことが明確な場合には、これらの学校への進学を目指しましょう。なお、一般の4年制大学を卒業している場合や、介護などの実務経験があれば、短期で受験資格を得る道もあります。こうした場合には、大学などの通信課程を利用すると良いでしょう。最短で1年間学べば、社会福祉士の受験資格を得ることが可能です。受験資格を得れば、いよいよ国家資格へのチャレンジです。新潟県内では、試験対策講座を行う団体も見られます。こうした講座を活用して、確実な合格を目指しましょう。