婦人

通信講座でマイペースに学ぶ|賢い勉強法を実践しよう

発明を保護する

勉強

自分が独占できる

特許権や実用新案、著作権などは知的財産と呼ばれています。これらの財産は発明した人や創作した人を特定して、その商品や創作物を保護つまりその人以外が利用したり、販売したりしないようにする権利で守ることが可能になっています。知財というのは、不動産などの形があるものを指すのではなく、人が発明したアイデイアや産業上でできた産物、音楽や本などの創作物、業務を行っていくうえでの商標や商号、技術上のやり方などそのものが形として表せないものを知財と呼んでいます。これらの知財を監督官庁に権利として申し出を行い許可がもらえれば、その知財は発明した人や創作した人が独占できるようになります。これらの権利を企業に貸し出したり、譲ったりすることで発明した人や創作した人は莫大な収入を上げることができます。

出願の仕方

いくら画期的な発明をしたり、こうすれば今までより早く能率的に作業ができるというノウハウを発見してもただそれだけでは、それらの知財は保護されません。特許庁にそれらの発明ノウハウを出願して認められなければ自分が独占もできませんし、保護してもらうこともできません。発明は得意だが監督官庁にどうやって出願していいものかわからない人もいます。そんな人のために知財セミナーを行っている専門家もいます。特許権や実用新案などの知財の出願ができる弁理士をはじめ、弁護士やその書類の作成ができる行政書士などが中心となって知財セミナーを行い書類の書き方や提出の方法など幅広く教えています。セミナーを通して自分で出願をする人も多くなっています。全国各地で知財セミナーも開催されていて、知財の基本を学んで発明に没頭する人も出ています。